利用した引っ越し業者:クロネコヤマト引っ越し(単身引越しサービス)    

良かった点:安い、早い、手続きが簡単。

困った点:作業をするアルバイトによっては、作業に雑があり。

良かった点は上記の通り、よく知られていることかと思います。

困った点について、具体的な内容を書きます。

20代の頃。東京郊外のある場所から、少し離れた別の場所へ引っ越しをしたときです。
なるべく安く仕上げようと、手軽で有名なクロネコヤマトの単身者向け引越しサービスを申し込みました。

指定時間になり、やってきたのは恰幅の良い若いアルバイト数名と30代らしき責任者の男性。

さすが引越し業者さん、若さもあってか、書籍や家電が入った思いダンボールを軽々と3個4個積み上げて同時に運び出していきます。

ダンボールの数が多かったので時間がかかるかなと思ったのですが、あっという間に部屋が空になりました。

すごいなと思って、玄関の方に行き様子を見てみると...

玄関の扉を開けたままの状態にするために、留め具として玄関に置いてあった私のブーツを挟んでいました。

高価で大事なブーツ。

大事なブーツをぞんざいに扱われたこと、そして何より、何の断りもなく私の私物を彼らの商売道具にしたことに私は憤りました。

リーダーにその旨を伝えると、彼は平謝り。

アルバイトの人達からも謝罪を受けました。

幸い、ブーツには大した傷が入らなかったので、それ以上、事を広げることはしませんでしたが、あまり気持ちの良いものではありませんでした。

ただし、何度かクロネコヤマトを利用した所、このようなケースはこれが初めてでしたので、アルバイトの質によって変わるのかもしれません。

ダンボール詰めは想像していた以上に時間がかかるということです。

クロネコヤマトの引越し業者スタッフが荷物を引き取りに来る時間に合わせて、逆算して荷物のまとめ作業を行うと思いますが、普段整理されていた部屋の中の物というのは、全て取り出してみると驚くほどの量があることが分かります。

ダンボール詰めをしてくれる業者であれば問題ありませんが、クロネコヤマトのように単身者向けなどセルフで荷物をまとめる必要が有る場合、このダンボール詰めの時間見積もりを誤る可能性があります。

最悪、引越業者が来ているのにまだダンボール詰めが終わらない状態だったり。

したがって、荷物のまとめ時間として、想定より20%ほど多めに見ておいたほうが安全です。

引っ越し前の試練

今住んでいるマンションに引っ越す時の出来事です。

比較的近場に引っ越すので事前に新しく買った家電や家具などを事前に搬入するべく、新しい部屋に何日か通って待機していました。

何もなくてすっきりした部屋にいることは少し新鮮で気持ちのいいものでしたが、季節は12月。真冬です。

電気も通っていないその部屋は太陽の光だけが暖をとる唯一の手段で夕方になるにしたがって寒くてつらかったです。

日が落ちる前までにはすべて済まそうと手配をするのですが、宅配などはなかなか思い通りにいかず、暗くて寒い部屋でただひたすら待機。

毛布などもなかった状況だったので本当につらかったです。

食事だけは、宅配サービスを使って食材を取り寄せておいたので、なんとかしのげました。

最近ネットでも話題のなるほどパルって、マジで便利ですよね。

ラーメンのありがたさを身に染みて感じました(笑)

引っ越しの時とか冷蔵庫を空にしないと運べないし、新居近くでスーパーを探すのも結構大変だから、なるほどパルみたいなサービスはもっと人気が出てもいいのになーと思います。

ぜひおためしあれ。

軽い気持ちで始めたブルーベリーアイ

仕事上、1日の大半をパソコンに向かっている時間が長く、肩こりや目の疲れには長い間悩んでいました。

疲れ目の目薬や濡れタオルで冷やしたり、といろいろ試してはやめての繰り返しでしたが、ある日CMでブルーベリーアイを目にして「これは試してなかったなぁ」と試してみることにしました。

1袋はきちんと飲みましたが、2袋目は購入しませんでした。

効果があったのかどうかはいまひとつ実感できなかったからです。

サプリを飲んでいる間も目薬は使ってましたし、その他体調や仕事量に左右された部分も多いと思うので。

お薬ではないので、ここまでひどくなってしまうと効果は出にくいのでしょうね。

サプリメントは栄養補助食品ですから、生活習慣や根本的な体調不良が改善されたところで、健康を維持するのに活用した方がよいと思いました。



今はサプリメントは飲んでいません。

テレビCMや広告を見ているとどれも似たようなものに見えてきて、商品の良さというより値段だったり、キャンペーンだったりを前面に押し出しているものが多く、何がよくて何が悪いのか判断できないからです。

でも、体調は相変わらず波があり、ひどく疲れていたり、手足がほてったり、肩こりなどは慢性的です。

でも、病院に行くにしても何科に行ったものか、こういう曖昧な症状を相手にしてくれるのかということを考えると病院は敷居が高く、手軽に利用できるサプリメントがあれば試してみるかもしれません。

A社のサプリ、B社のサプリなどをまとめて試すことができるセット商品や悩みに合わせてコーディネートしてくれるサービスがあればぜひ試してみたいです。

でも、続けるには月1500円くらいでないと厳しいです。



年齢肌対策は欠かせないですね。

Uゾーンの乾燥、粉ふき、ほうれい線や頬のたるみも悩みです。

30代に入った頃から、特にフェースラインが崩れ出したように感じます。

30代は混合肌でTゾーンがテカリ、Uゾーンが乾燥しがちという程度だったのですが、40代にはいってからはUゾーンに粉を吹くようになりました。

しもぶくれのようなフェイスラインをシャープに整え、乾燥しがちな肌(特にUゾーン)をしっとりなめらかな肌にしたいと思っています。

年齢とともに衰えるのはしかたないのかもしれませんが、きれいに年を重ねてゆきたいです。

そのためには、フェイスラインの崩れと顎から首にかけてのたるみが一番気になりますし、メイクで隠しようがないので、一番改善したいポイントです。

口周りのもったり感をなくし、フェイスラインをシャープに整えたいのでフェイスニングやゲルマローラを使うなどしていますが、あまり効果は実感できていません。

乾燥肌とハリ対策には、ここに紹介されているエイジングケア化粧品を参考にして使用しています。乾燥肌に関しては、かなり効果があるのですが、ハリやたるみ改善にはなっていないように思います。

運動も今年の8月よりフィットネスクラブに週1回通うようにして、代謝が落ちて太り易くなった分を解消するように心がけていますが、まだそれほど引き締まったという実感がない状態です。

ひきつづき運動を定期的にするようにして、身体のラインだけでなく、顔や首筋からも余分な脂肪を落として引き締めるようにしたいと思っています。

コツは紫外線ケアかな。

わたしの肌ケアのメインは紫外線対策とケアです。

肌 紫外線 ケアについての情報サイトを見ながら、皮膚科のレーザーにて焼く治療を数度行っております。保険が利かずだいたい3万円ほどです。
処方された塗り薬を毎日塗り、小さいテープで紫外線を防いで、かさぶたがとれるまで毎日気をつけています。
なんとなく薄くなったような気はしますが、数年立つと濃さが目立つようになってきますので、継続していかないと意味がないのかと思っています。

ほかには毎日朝起きたら洗顔後に日焼け止めを塗り、キャンメイクのコンシーラーを2色使いしながらシミ部分を塗りつぶし、BBクリームを塗り、セザンヌのパウダーをはたいて日焼けと、これ以上のシミが増えないようにカバーしています。

サプリメントはDHCのマルチビタミンをとり、毎日なにかしらの果物は摂取しています。